ダイレクトリクルーティングとは?特徴や成功させるための5つのコツをご紹介! | C-design株式会社

2024年1月30日

ダイレクトリクルーティングとは?特徴や成功させるための5つのコツをご紹介!

ダイレクトリクルーティングをご存じでしょうか?ダイレクトリクルーティングは、質の高い人材を効率的に確保するための現代的な採用手法ですが、その成功にはコツが必要です。本記事では、ダイレクトリクルーティングの基本から、従来の採用手法との違い、メリットとデメリット、さらには具体的な手法と成功のためのコツまでを詳しく解説します。また、一般的な失敗例とその対策も合わせてご紹介します。

 

ダイレクトリクルーティングとは何か

 ダイレクトリクルーティングの定義

ダイレクトリクルーティングは、企業が直接求職者にアプローチを行う採用手法です。従来の求人広告や人材紹介とは異なり、企業が積極的にターゲットとなる候補者を見つけ出し、スカウトメールやSNS、リファラル(社員の紹介)などを通じて直接コンタクトを取ります。この手法は、特に欧米で主流となっており、日本でも人材不足が深刻化する中で注目されています。ダイレクトリクルーティングの最大の特徴は、企業が自社に最適な人材をピンポイントで見つけ出し、直接アプローチできる点にあります。

従来の採用手法との違い

従来の採用手法とダイレクトリクルーティングの大きな違いは、アプローチの方法にあります。従来の方法では、求人広告を出して応募を待つ「待ち」の姿勢が主でした。これに対し、ダイレクトリクルーティングは企業から積極的に求職者にアプローチする「攻め」の手法です。この違いにより、ダイレクトリクルーティングでは、求職者と企業がお互いに興味を持っている状態で進められるため、マッチング度が高くなります。また、採用コストの削減や、採用力の向上といったメリットも期待できます。

ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリット

メリット:質の高い母集団形成とコスト削減

ダイレクトリクルーティングのメリットは、質の高い母集団を形成しやすい点にあります。企業は自社に最適な人材に直接アプローチできるため、ミスマッチが起きにくくなります。また、求人サイトや人材紹介会社を利用しないため、広告費や仲介料を削減できることも大きな利点です。特にSNSやリファラルを活用する場合、採用コストをさらに抑えることが可能です。これにより、企業は限られたリソースの中で効率的に優秀な人材を確保することができます。

デメリット:運用工数の増加、成果までに時間がかかる

一方で、ダイレクトリクルーティングにはいくつかのデメリットも存在します。最も顕著なのは、運用に関わる工数の増加です。企業自身がターゲットの人材を見つけ出し、スカウトメールの作成や候補者とのコミュニケーションを行う必要があるため、内部リソースの負担が大きくなります。また、ダイレクトリクルーティングは長期的な視点での関係構築が必要なため、成果が出るまでに時間がかかることもあります。特に、転職潜在層へのアプローチでは、候補者が転職を真剣に考え始めるまでに時間が必要な場合が多いです。これらの点を考慮し、ダイレクトリクルーティングを効果的に運用するためには、戦略的な計画と体制の整備が求められます。

ダイレクトリクルーティングの具体的な手法

ここではダイレクトリクルーティングのいくつかの手法について具体的にご紹介します。

スカウトサービス

スカウトサービスは、ダイレクトリクルーティングにおいて非常に効果的な手法の一つです。このサービスを利用することで、企業は自社の求める特定のスキルや経験を持つ人材をデータベースから検索し、直接スカウトメールを送信することができます。スカウトメールは、候補者の経歴や興味を反映したカスタマイズされた内容であるべきです。返信があれば、面談や選考プロセスを進めます。重要なのは、スカウトの内容やターゲットの設定を定期的に見直し、効果的なアプローチを継続することです。また、スカウトサービスの利用には費用がかかる場合がありますが、人材紹介や求人広告と比較してコスト効率が良いとされています。

SNS

SNSを活用したリクルーティングも、近年ダイレクトリクルーティングの有効な手法となっています。TwitterやLinkedInなどのプラットフォームを利用して、企業は自社の活動や採用情報を発信し、潜在的な候補者との接点を作ります。SNSを通じたリクルーティングのメリットは、低コストで幅広い層にアプローチできる点にあります。特に、転職を積極的に考えていない潜在層に対してもリーチすることが可能です。ただし、SNSを通じたリクルーティングは、直接的な成果が出るまでに時間がかかることがあります。そのため、長期的な視点での関係構築と、継続的なコミュニケーションが重要となります。

リファラル採用

リファラル採用は、社員のネットワークを活用して新たな人材を紹介してもらう手法です。この方法の利点は、社員が自社をよく理解しているため、企業文化に合った人材を推薦しやすいことです。また、採用コストを抑えることができ、紹介された候補者の質が高い傾向にあります。リファラル採用を成功させるためには、社員が自社を積極的に紹介したくなるような職場環境の整備や、紹介に対するインセンティブの設計が重要です。社員が自信を持って友人や知人に推薦できるような魅力的な職場環境を作ることで、リファラル採用の効果は大きく高まります。また、社員が紹介した候補者が採用された際には、適切な報酬や感謝の意を示すことで、リファラル採用の積極的な参加を促進することができます。リファラル採用は、社内のコミュニケーションを活性化させ、社員のエンゲージメント向上にも寄与する効果が期待できます。

ダイレクトリクルーティング成功のための5つのコツ

ここではダイレクトリクルーティングを成功に導くための5つのコツについてご紹介します。

採用ペルソナの設定

ダイレクトリクルーティングにおいて、採用ペルソナの設定は非常に重要です。採用ペルソナとは、理想的な候補者の詳細なプロファイルを指します。これには年齢、居住地、必要なスキル、経歴だけでなく、転職理由やキャリアプラン、ライフスタイル、趣味嗜好など、候補者の多面的な側面を含めることが重要です。このペルソナを明確にすることで、スカウトする際のターゲットを絞り込み、より効果的なアプローチが可能になります。また、ペルソナに基づいて、候補者が興味を持ちそうな自社のアピールポイントを洗い出すことが必要となります。

候補者に合わせたメッセージの作成

個々の候補者に合わせたメッセージ作成は、ダイレクトリクルーティングの成功に不可欠です。スカウトメールは、候補者の経歴や興味に基づいてカスタマイズが必要です。候補者に対して自社がなぜ興味を持ったのか、どのような点がマッチするのか、そして実際に会った際にどのような話をしたいのかを明確に伝えることで、候補者は自分が評価されていると感じ、自社に対する興味を持ちやすくなります。

長期的な視点でのコミュニケーション

ダイレクトリクルーティングでは、長期的な視点でのコミュニケーションが求められます。特に中途採用の場合、候補者によって転職意欲の度合いが異なるため、採用に至るまでに時間がかかることがあります。信頼関係の構築と候補者の入社意欲を高めるためには、長期的なやり取りを通じて候補者との関係を築くことが重要です。また、アプローチの進捗状況や選考過程、評価、面接予定日などを一元管理する体制を整えることも効果的です。

選考前の面談実施と内定後のフォロー

ダイレクトリクルーティングにおいて、選考前の面談は相互理解を深める絶好の機会です。スカウトメールに対する返信があった場合、まずは面談を通じて候補者との関係を築き、自社の魅力を伝えましょう。面談では、自社のビジョンや文化、求めるポジションについて説明し、候補者の疑問や不安を解消します。また、内定後のフォローも重要となります。内定辞退を防ぐためには、内定通知後も候補者とのコミュニケーションを継続し、入社に向けたサポートを提供することが効果的です。

効果検証と改善の継続

ダイレクトリクルーティングの効果を最大化するためには、定期的な検証と改善が不可欠です。採用活動の各ステップでの成果を分析し、どのアプローチが効果的だったか、またどのような点が改善が必要かを評価します。成功事例と失敗事例のデータを蓄積し、それらを基に戦略を調整することで、より効率的なダイレクトリクルーティングが可能になります。また、市場の変化や社内の状況に応じて、採用戦略を柔軟に変更することも重要です。

 

ダイレクトリクルーティングで失敗するケースと対策

先にダイレクトリクルーティングのコツを5つ紹介しました。ここではダイレクトリクルーティングを行う際に失敗するケースについて3つご紹介します。

十分な対応工数を割けないケース

ダイレクトリクルーティングで最も一般的な失敗の一つは、必要な対応工数を割けないことです。この手法は、候補者の特定、スカウトメールの作成、面談の設定といった多くのステップを含みます。これらに十分な時間とリソースを割かなければ、効果的なリクルーティングは難しくなります。対策として、ダイレクトリクルーティング専任の担当者を設けるか、他の業務とのバランスを考慮することが必要となります。またタスク管理ツールの活用やアウトソーシングサービスを活用して効率的に業務を進めることも有効です。

同じテンプレートの使い回し

ダイレクトリクルーティングにおいて、同じテンプレートのスカウトメールを多数の候補者に使い回すことも、成功を妨げる要因となります。ダイレクトリクルーティングは時間がかかる手法のため、同じテンプレートでメッセージを送ることも多いでしょう。しかし、個々の候補者に合わせたカスタマイズされたメッセージが、ダイレクトリクルーティングの効果を高めます。候補者のプロフィールや経歴をしっかりと研究し、個々に合わせたメッセージを作成してみてください。

 

質にこだわりすぎる

スカウトメールの質にこだわりすぎて、行動量が不足することもダイレクトリクルーティングの失敗につながります。スカウトメールの質と量のバランスを見極めることが大切です。また、スカウトメールの返信率や面接への進行率などのKPIを設定し、定期的にこれらの指標を分析することで、効果的なアプローチ戦略を見つけ出すことができます。効率的なスカウト活動を行うためには、適切なテンプレートの活用と個別のカスタマイズを両立させることが求められます。これにより、質の高いスカウト活動を維持しつつ、必要なアクション量を確保することが可能になります。また、スカウト活動の結果を定期的に振り返り、どのようなアプローチが効果的だったかを分析することも重要です。これにより、より効率的で成果の出るダイレクトリクルーティング戦略を構築することができます。

ダイレクトリクルーティング業務を外注するならCocrea Biz

ダイレクトリクルーティング業務を外注するなら、オンラインアシスタントサービス

「cocrea Biz(コクリエビズ)」がおすすめです。cocrea Bizでは経理や人事、総務、バックオフィス業務など幅広いサービスを提供しています。専属ディレクターが依頼内容に合った特別チームを編成してくれるので、自社にマッチした人材をご紹介してくれます。

 

オンラインアシスタントサービスcocrea Biz(コクリエビズ)とは

【出典:cocrea Biz(コクリエビズ)|C-design

 

cocrea Biz(コクリエビズ)は、C-design(シーデザイン)株式会社が2023年1月から提供しているオンラインアシスタントサービスです。

 

今回は、オンラインアシスタントサービス「cocrea Biz(コクリエビズ)」に関する基本情報や料金プラン、導入事例を紹介します。cocrea Bizの詳細を知りたい方や、自社に合った料金プランがあるかどうかを確認してみてください。

 

  • cocrea Biz(コクリエビズ)の特徴
  • cocrea Biz(コクリエビズ)の業務内容
  • cocrea Biz(コクリエビズ)の料金プラン
  • cocrea Biz(コクリエビズ)の導入事例

cocrea Biz(コクリエビズ)の特徴

  • 変動費を増やして固定費を大幅削減
  • 正社員の生産性向上
  • 業務プロセスの自動化を実現

 

cocrea Bizを導入すると、コストを削減しつつ業務を効率的に進められます。自社の人材を新しく採用する(固定費)に一切影響を与えることなく、外部の助け(変動費)だけで問題を解決に導けます。固定費の増加を抑えられるので、コスト面の負担も最低限に抑えられるのが魅力です。

 

本業に集中する環境を作れば、社員の生産性向上・会社の業績アップにもつながります。変動費を増やしても、結果的利益アップの可能性は高いです。

 

cocrea Bizでは、ITツールの導入を含めた業務プロセスの自動化を行っています。様々な業務を補助してくれるので、自社スタッフの負担軽減に大きく繋がるのも特徴です。

cocrea Biz(コクリエビズ)の業務内容

依頼可能な業務 詳細
総務 ・出張手配/会場手配

・スケジュール調整

・会議資料の作成

・データ入力/データ整理

経理 ・記帳代行

・月次締め処理

・請求書/領収書発行

・売上/入金確認

・紙伝票データ化

人事・労務 ・給与計算

・求人票/更新

・応募者対応/面談日程調整

・人事労務サポート

・勤怠管理支援

マーケティング ・アンケート作成

・データ集計

・画像選定/編集

・SNSの投稿

・記事作成/編集

・記事ネタリサーチ

営業サポート ・会議資料/提案書作成

・業界の最新情報の調査と共有

・経費申請

・予実管理(データ更新作業)

・見積書請求書作成

・データ入力/整理

・リサーチ業務

・営業資料作成

【参照:cocrea Biz(コクリエビズ)|C-design

 

cocrea Bizで依頼可能な業務は、多岐にわたります。バックオフィス的な業務からマーケティングや営業サポートなど、専門的スキルを有するものまでさまざまです。

 

cocrea Bizでは、表以外にもさまざまな業務を依頼できます。詳細を確認したい方や自社の業務が依頼可能かどうかをチェックしたい方は、公式HPから直接問い合わせください。

cocrea Biz(コクリエビズ)の料金プラン

プラン名 ライト スタンダード カスタム
月額料金 55,000円 99,000円 要相談
契約期間 3ヶ月 6ヶ月
実働時間 10時間 20時間
支払い 1ヶ月分前払い 1ヶ月分前払い 1ヶ月分前払い

【参照:cocrea Biz(コクリエビズ)|C-design

 

cocrea Bizの料金プランは、大きく3種類です。契約期間や実働時間、内容によって異なります。カスタムプランは、依頼内容に合わせて料金プランをカスタマイズできるため、自社に合ったプラン内容の作成が可能です。

cocrea Biz(コクリエビズ)の導入事例

導入事例①:内装業のお客様

導入のきっかけと課題 【スケジュール調整などの予定管理が手間となっていた】

外での作業が多いので、お客様とのスケジュール調整や取引先とのメールのやりとりの返信が遅くなっていた。

また、経理業務は毎月できずに溜めていたので誰かに依頼したいと考えていた。

選定ポイント 【業務負荷の軽減とやりたかった経理業務のITツール導入】

スケジュール調整のみならず、カレンダー反映なども補助いただけるので予定を忘れてしまうミスも軽減できる点が大変助かると感じた。

また、今まで導入できなかった会計ソフトの運用すべてを依頼できる点が業務負荷の軽減に大きく寄与すると感じたため。

今後の展望 【社員募集を行う採用面の強化に期待】

入れ替わりもあったりするので、採用活動にはさらに力をいれていきたい。

人事専任の担当がいるわけではないので、どのような採用活動が良いのか分からないでいる。ここも今後相談していきたい。

 

導入事例②:リフォーム業のお客様

導入のきっかけと課題 【コア業務への集中】

事務作業が苦手で、経理作業に毎月かなりの時間をとられていた。

月末になると経理作業に集中するため、営業活動の時間がとれずにジレンマを感じていた。

選定ポイント 【幅広い業務のアウトソーシング】

記帳代行などの経理業務の代行サービスも検討をしたが、今後給与計算や他の事務作業も依頼できたらと考えていたので、幅広い業務を任せられる点が魅力的に感じた。

今後の展望 【自社内で指示だしができない作業の支援】

もっと多くの新規案件を受注していくため、営業人数も限られるためマーケティングも強化していきたいが、自社でノウハウがないため手をだせずにいた。

導入事例の更新からはじめたいので今後ホームページの運用についても相談をしていきたい。

 

cocrea Biz(コクリエビズ)の利用の流れ

 

cocrea Bizの利用の流れは、大きく3つのステップに分けられます。

①お問い合わせ無料相談

cocrea Bizに関するお問い合わせや資料ダウンロードは、公式HPから行うことができます。導入事例や活用方法を相談することも可能なようですので是非お問い合わせしてみてください。

②キックオフ

業務内容や必要な人材のスキルなどを相談して、条件に合うサービスを提供できるかどうかを判断します。

条件がマッチしましたら、契約後ディレクターとのWEB面談を実施します。

面談では、業務開始に向けて業務内容や稼働時間などに関する打ち合わせをします。

 

③業務開始

 

WEB面談終了後、すぐに業務を依頼可能です。依頼はオンライン上で全て完結するため、場所・状況に関係なくいつでも自由に相談できます。

 

まとめ

ダイレクトリクルーティングは、質の高い人材を効率的に採用するための現代的なアプローチです。この記事では、ダイレクトリクルーティングの基本概念、従来の採用手法との違い、そのメリットとデメリット、さらには具体的な手法と成功のためのコツを網羅的に解説しました。ダイレクトリクルーティングは時間と手間のかかる手法ですが、質やコスト削減に大きく寄与できる採用手法です。この記事を通じて、ダイレクトリクルーティングに自信を持ってチャレンジしてみてください。

(Visited 24 times, 1 visits today)